入れ墨を消すために東京に行ってきました

入れ墨を消すのは痛い?入れ墨を消すと決意した理由

入れ墨で後悔?気軽に入れた入れ墨がトラブルの原因に / 入れ墨が入っていることによる私生活への影響 / 入れ墨を消すのは痛い?入れ墨を消すと決意した理由

完全に消すという決意を固めたのはあるトラブルがきっかけです。
自分は建設会社で働いている普通の会社員なのですが、見た目が怖いので反社会的勢力と勘違いされることもあります。
最近は反社会的勢力を排除しようとしている会社が多いので、実際は普通の会社員でも勘違いされて損をすることも多いです。
同僚の結婚式に参列した時に集合写真を撮影したのですが、私の入れ墨が写真に写っていたので同僚はその写真をSNSにアップロードすることができませんでした。
同僚の奥さんが非常に真面目な方で、反社会的勢力と間違えられそうな写真は載せたくないと言ったらしいです。
この時に東京のタトゥーショップで消すことを決めました。
先輩のタトゥーショップでも消すことはできるらしいですが、お世話になった先輩の前でタトゥーは反社会的勢力と間違えられる消したいとは言えません。
なので東京のタトゥーショップまで車で1時間かけて行ってきました。
入れるときよりも消すときの方が痛いということは聞いていましたが、それは本当でした。
こんなに痛いならもう二度と入れたくないと思えたので、今後は何があっても入れることはないです。
若気の至りは大人になると恥ずかしいものです。

入れ墨 除去
でググったら切って縫いつけてとか出てきて
まじ入れた事を後悔した
グロい((((;゚Д゚))))まぢそんな事できない((((;゚Д゚))))
普通の墨汁じゃなくて洗って消える墨汁にすればよかった。

そもそも入れなきゃ良かった

— 萌音 (@sanomone) October 10, 2013